第4回皮膚科ウェビナー「RFナイフ(サージトロン)で挑む!〜焼灼用電極で極める小病変〜」

開催日時:2022年11月17日(木)19:30 ~ 20:00
講  師:佐々木 駿 先生(佐々木皮膚科クリニック 副院長、群馬県大泉町)

上記日程にてウェビナーを開催し、多くの先生方にご視聴いただきました。

見逃し配信

 

当日いただいたご質問

セミナー中にたくさんのご質問をいただきました。
こちらに併せて回答を掲載致します。

動画上の質疑応答セッションにてご確認ください。

・頑固な足底の ウイルス性疣贅の治療にサージトロンを応用する事はできないでしょうか?
・陥入爪の肉芽がスライドに出ていましたが、その場合は電極は何を使用されますか?
・ボトリオをBlendモードで除去するときの出力も20がベースでよろしいでしょうか。
・脂腺増殖症で使用されたことはありますか?
・顔面の広範囲の脂漏性角化症を削ったあと、マイクロポアは貼りますか。
・小病変はバイポーラでもある程度代用できますか?
・脂腺増殖症の質問をお答えいただいた方法は、汗管腫も使えますか?
・黄色腫の除去にも使えますか?
・鑷子でつまめない大きさのスキンタッグもアクロコルドンの動画と同様に焼灼用電極を使用されていますか?
・焼灼用電極を愛用されているとのことでしたが、ループ電極や針電極を選択されるのはどのような時(症例)ですか?
・術後処置はいずれもゲンタシン軟膏でしょうか。症例により使い分けをされていれば教えてください。
・瘢痕が残らないようにするには深追いし過ぎないこととのことでしたが、色素沈着を防ぐために工夫されていることはありますか?
・眼瞼縁の治療時にコンタクトシェルを使用されていましたが、どのメーカーのものを使われていますか?
 

現在登録受付中の関連ウェビナー

第7回皮膚科ウェビナー「サージトロンでモノポーラ電極を使いこなそう ~電極を理解すれば、RFナイフは万能の武器になる~ 【後編】」
開催日時:2024年3月26日(火)19:30 ~ 20:00
講  師:佐々木 駿 先生(佐々木皮膚科クリニック 副院長、群馬県大泉町)

第7回皮膚科ウェビナー「サージトロンでモノポーラ電極を使いこなそう ~電極を理解すれば、RFナイフは万能の武器になる~ 【後編】」

ウェビナーの関連ページ(焼灼用電極RF-BN110掲載)

RF knife Series Accessory Catalog RFナイフシリーズ電極 RF knife Series Accessory Catalog RFナイフシリーズ電極
 

関連ウェビナー

第6回皮膚科ウェビナー「サージトロンでモノポーラ電極を使いこなそう ~電極を理解すれば、RFナイフは万能の武器になる~」
開催日時:2023年10月19日(木)19:30~20:00
講  師:佐々木 駿 先生(佐々木皮膚科クリニック 副院長、群馬県大泉町)

第6回皮膚科ウェビナー「サージトロンでモノポーラ電極を使いこなそう ~電極を理解すれば、RFナイフは万能の武器になる~」
 
第5回皮膚科ウェビナー「ちょこっと使えて、なが~く使えるサージトロン ‐ループ電極での活用事例-」
開催日時:2023年3月16日(木)19:30 ~ 20:00
講  師:岡島 加代子先生(ThinkPark皮膚科クリニック 、東京都品川区)

第5回皮膚科ウェビナー「ちょこっと使えて、なが~く使えるサージトロン ‐ループ電極での活用事例-」
 
第3回皮膚科ウェビナー「当院でのRF ナイフ(サージトロン)ループ電極の活用 ~肉芽のある陥入爪処置について~」
開催日時:2022年7月21日(木)19:30~20:00
講  師:是枝 哲先生(これえだ皮フ科医院 院長 京都府京都市)

第3回皮膚科ウェビナー「当院でのRF ナイフ(サージトロン)ループ電極の活用 ~肉芽のある陥入爪処置について~」
 
第2回皮膚科ウェビナー「 実践版!当院でのRFナイフ(サージトロン)活用方法 」
開催日時:2022年3月23日(水)19:30~20:00
講  師:柴田 真一先生(SSクリニック 院長 愛知県名古屋市)

第2回皮膚科ウェビナー「 実践版!当院でのRFナイフ(サージトロン)活用方法 」
 
第1回皮膚科ウェビナー「サージトロンを使いたおそう! ~30年以上の使用経験から~」
開催日時:2021年11月25日(木)19:00~19:45
講  師:中川 浩一先生(大阪府済生会富田林病院 皮膚科 部長)

第1回皮膚科ウェビナー「サージトロンを使いたおそう! ~30年以上の使用経験から~」
 

RFナイフについて

RFナイフについて
RFナイフは、サージトロン Dual EMC、サージトロン Pelleve S5をはじめとするサージトロンシリーズの総称です。
4.0MHzのラジオ波(RF=Radio Frequency)を発振し、組織に対する高密度なエネルギーの集中性を実現。
熱損傷を抑え、微細な切開・凝固を可能にします。


資料請求や製品デモのご依頼はこちらからお願い致します

■お問い合わせの際は「個人情報保護方針」をお読みになり、同意のうえご記入ください。
■万一、こちらから返信がない場合は、大変お手数ですが再度ご連絡ください。
■回答に時間がかかる場合がありますので、お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。

※受付時間:9時30分~17時30分(土・日・祝日・GW・お盆・年末年始を除く)

■お電話の場合:06-6448-2511までお電話ください。
■FAXの場合 :06-6448-2522までお送りください。