眼科の症例紹介

  • 【眼科】Case report AB

    【眼科】Case report AB

    【Case report A】
    ◆涙嚢鼻腔吻合術鼻外法(EX-DCR)
    ◆涙嚢鼻腔吻合術鼻内法(EN-DCR)
    ◆重瞼術
    ◆若年者の下眼瞼睫毛内反症
    《若年者(10代半ばから20歳前半を対象)の下眼瞼睫毛内反症に対しては、従来の縫合法などでは下眼瞼が二重瞼になるので美容的にも相応しくありません。Lower Eyelid Retractors(LER)の弛緩が睫毛内反の主な原因と考えられるので、経皮的にLERを露出して凝固のFulgurationモードによりLERの表層を凝固します…》
    ◆脂漏性角化症
    ◆隆起性病変の治療

    【Case report B】
    ◆眼瞼黄色種
    《金属メスでは切除後の止血処置が必要になりますが、エンパイアニードル電極を使用することにより、ほとんど止血操作がなく短時間で手術が可能です。 》
    ◆内反症(右下眼瞼内反症+両上眼瞼皮膚弛緩)
    ◆下眼瞼縁良性腫瘍
    ◆睫毛内反、睫毛乱生におけるラジオ波毛根破壊術(睫毛電気分解)
    《睫毛が角膜方向を向く原因には、まぶた自体が内向きにまくれ込んでいる眼瞼内反と、まぶたには問題なく、毛根からのまつ毛の生え方がいびつで角膜側を向く睫毛乱生とがあります。眼瞼内反には、先天性のものと加齢性のものが多く、いずれもまぶたの皮膚の過剰やたるみ、皮下の筋肉の…》
    ◆結膜弛緩症

  • 【眼科】Case report C

    【眼科】Case report C

    ◆高周波ラジオ波メスを用いた眼瞼下垂手術
    監修:菅井 滋 (菅井眼科麻酔科医院)
    《高齢化に伴い白内障と同様に老人性眼瞼下垂も増加の傾向 にある。一般に多く眼科医が手掛けている白内障手術など はほとんど出血と縁がない手術で出血が多い眼瞼の手術は どうしても敬遠しがちである。眼瞼下垂手術も今まではメ スや剪刃で行われていたが、出血が多いため…》

  • 【眼科】Case report D

    【眼科】Case report D

    ◆眼科領域におけるラジオサージェリー
    嶋津 和弘 (常滑眼科クリニック)

  • 【眼科】Case report E

    【眼科】Case report E

    ◆眼瞼手術におけるラジオ波メスVS炭酸ガスレーザー
    西本浩之(横須賀市立うわまち病院・北里大学 眼科)

  • 【眼科】Case report

    【眼科】Case report

    ◆ellman RFナイフを使った眼形成手術の基本解説
    監修:柿﨑裕彦(愛知医科大学病院 眼形成・眼窩・涙道外科)

    1.Atraumatic Techniqueを心がけましょう!
    2.痛くない局所麻酔を行うためには?
    3.デザインの良し悪しで勝敗の50%は決まる!
    4.止血は眼形成手術の基本中の基本!
    5.メス刃の特徴とその使い方
    6.ellman RFナイフを使いこなせ!
    《眼形成手術ではしばしばellmanRFナイフが使われます。このRFナイフの特徴や使い方を知っていれば、出血の少ない、質の高い手術が可能になります。ellman RFナイフは通常の電気メ スに比べて周波数が大きく、周囲への熱発生が少ない…》