獣医科の症例紹介

  • RFナイフを使用した獣医外科基本テクニック

    RFナイフを使用した獣医外科基本テクニック

    獣医外科基本テクニック
    監修:生川幹洋(三重動物医療センター/名古屋どうぶつ病院 総院長)

    ◆RFナイフの仕組み
    《●アンテナ対極板 RFナイフの周波数帯は、ラジオや無線機等で使用される短波を用いており、対極板は受信アンテナの役割を果たしています。そのため、皮膚密着の必要がなく毛の上からの使用が可能です。剃毛や生食で濡らす必要はありません。また、接触不十分による熱傷事故のリスクもありません。…》
    ◆RFナイフの操作ポイント
    ◆肛門周囲腺腫
    ◆マイボーム腺腫
    ◆猫の耳介の肥満細胞腫
    ◆犬の避妊手術
    ◆口腔内腫瘍
    ◆鼻腔形成術
    ◆軟口蓋過長症
    ◆犬の皮膚の肥満細胞腫
    ◆乳腺腫瘍
    《乳腺腫瘍切除術では基本的には通常のコールドメスを使用するが、最近では乳腺全切除の場合の浅胸筋、深胸筋など筋肉量が多い部分をメッツエン型タイプのバイポーラシザーズを使う場合もある…》

  • 小動物臨床家のための電波メス手技の教科書

    小動物臨床家のための電波メス手技の教科書

    監修:中山正成(中山獣医科病院(奈良)会長)

    ◆皮下腫瘍
    ◆隆起性腫瘍
    ◆口腔内腫瘤
    ◆眼瞼腫瘤
    ◆乳腺腫瘍
    ◆肉球の腫瘍(メラノーマ)
    ◆限局性石灰沈着症
    ◆避妊(卵巣動静脈の凝固)
    《動静脈の切断する箇所をシーリングデバイスで挟み、出力15で約5秒間通電する。(図6-1)シールが不十分と感じれば通電部を少しずらし再度シールを行う。5mm以上の血管や脂肪が付着している血管は出力を…》

  • 【獣医科】Case report AB

    【獣医科】Case report AB

    ◆皮膚切開
    ◆口腔内腫瘤の切除
    ◆卵巣動静脈の凝固(妊娠猫)
    ◆眼瞼腫瘤摘出(マイボーム腺腫)

  • 【獣医科】Case report C

    【獣医科】Case report C

    ◆バイポーラフォーセップによる卵巣動静脈の簡易的なシーリング(猫)
    ◆皮下腫瘍の切除
    ◆隆起性腫瘍の切除
    ◆口腔内腫瘤の切除
    ◆眼瞼腫瘤の切除
    ◆乳腺腫瘍の切除症