本文へ移動

獣医科

この度は、RFメス・サージトロンDUAL(DualEMC)のデモ機貸出をご依頼いただき、誠にありがとうございます。お貸出の際に同梱しております資料および下記項目をもとに、臨床使用をしていただけますようお願いいたします。
また、ご不明な点やご質問などございましたら、当Webサイト「お問い合わせ」フォームもしくはお電話よりお問い合わせください。

サージトロンDUAL(Dual EMC)取扱説明

接続例

  ① サージトロンDUAL本体  IEC3A-S30-90
  ② 基本セット(リユース)  IEC-XAB
  ③ バイポーラ・フォーセップ  ACBF-017
  ④ ディスポーザブル標準電極セット  DSEP40
  ⑤ エンパイアニードル電極  TEE305
  ⑥ バイポーラ・クランプ  SCBI-01
  ⑦ クランプ接続コード  SCBI-JXB
  ⑧ IECバイポーラ接続コネクター  IEC-BIUC

各部名称

    ① ハンドピース差込口
    ② バイポーラコード差込口
    ③ 対極板差込口
    ④ 出力モード切替ボタン1
    ⑤ 出力モード切替ボタン2
    ⑥ 電源ボタン
    ⑦ 出力設定ボタン1
    ⑧ 出力設定ボタン2
    ⑨ フットスイッチ接続口
    ⑩ 電源ケーブル接続口
    ⑪ 音量調節スイッチ
 

出力設定

  ① セレクトボタンを押して出力モードを切り替えます
  ② セレクトボタンを押す度にランプの位置が変わります
  ③ ランプが点灯しているモードの出力を表示
  ④ ランプが点灯しているモードの出力を0〜100まで調整

出力操作

※フィンガースイッチは各モードの専用スイッチです。ランプに関わらず該当するモードに自動的に切り替わって出力します。
※フットスイッチはランプ点灯のモードで出力されます。

出力設定の目安

安全にご使用いただくために低めの出力からスタートして、徐々に上げてください。
  CUT       15〜40
  BLEND     15〜40
  COAG       15〜40
  FULGULATE      使用しません
  BIPOLAR    5〜15  
 
※ブレード電極(E3D)を使用するときは、上記出力の2倍30〜80を目安にしてください。

切開・凝固のコツ

切開:通電しながらゆっくり組織に接触させてください
凝固:組織に接触させてから通電させてください。
   押し当てず、軽く接触させると凝固しやすくなります。

シーリングの準備

  BIPOLAR  出力15 に設定
 
  ケーブルを接続
  ・バイポーラクランプ SCBI-01
  ・バイポーラクランプ用ケーブル SCBI-JXB
  ・IECバイポーラ接続コネクター IEC-BIUC

シーリングの手順

  1. クランプで組織(血管)を把持する
  2. フットスイッチ(青色)を踏んで5〜10秒間通電する
  3. 通電を止めて、凝固の具合を確認する
  4. 視認後、凝固が不十分であれば再度凝固する
 
※肉デモ説明の動画はこちら
※手術動画は下部の「バイポーラ・クランプの使用」の動画をクリックして閲覧していただけます。

症例紹介

バイポーラ・クランプの使用

犬の去勢手術での使用例
 
中山獣医科病院 院長 中山正成先生執刀
使用機器:サージトロンS5(ellman社製)
使用電極:バイポーラ・クランプ
 
再生時間:2分24秒
TOPへ戻る